スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 『寒さ本番・冬到来』寒さに強い人、弱い人との違いは? | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

大人の病気, 生活習慣病, 高齢者問題

『寒さ本番・冬到来』寒さに強い人、弱い人との違いは?

スポンサーリンク

 

寒さに弱い人、強い人とは何処が違う?

 

寒風が身にしみる12月、同じ寒さにさらされても、寒いと感じる人とそうでない人がいるのですが、どこが違うのでしょう?

 

 

元々人の寒さに対する反応は、暑さに対するほど優れてはいないと云うことなのですが、それでも周りを見てみると、寒がりの人とそうでない人が居るのです。

 

 

このことから、寒さに対する体の調節反応が確かに存在すること、そしてそれには個人差が有ることが分かるというのです。

 

 

抜群の価格競争力と製品の信頼性【デル・オンラインストア】

⇒ [Dell]数量限定在庫一掃モデルがお得!

 

 

 

寒さは皮膚で感じる?

 

まず、『寒い』と感じるのは皮膚で、寒さにさらされると、皮膚の血管が収縮して肌の色が白くなります。

 

 

これは皮膚表面の温度を下げて、体熱の放散を抑え、体温の低下を防ごうとする調節反応なのです。

 

 

更に我慢をしていると『震え』が起こるのですが、この『震え』筋肉のリズミカルかるな収縮運動なのです。

 

 

はじめは、口の周りの筋肉から起こり、『歯がガチガチ』と音を立て、それが徐々に全身に拡大して、最後には四肢に及ぶのです。

 

 

この震えによって消費されるエネルギーの全ては熱になり、生じる熱量は、筋肉量が多いほど大きくなり、最大3キロカロリー/分と云われています。

 

 

体重70kgの人で熱の放散がなければ、1分間に体温が0.05度、1時間で3℃上昇させる量なのです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ありきたりの開運グッズで願望達成出来ますか?
心願成就は陰陽師が作る護符・霊符で叶えます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

⇒  恋もお金も幸せひとり占め!開運を呼ぶ護符・霊符販売 「かなえや」

 

 

 

 

寒さ対策は運動が一番

 

このように震えが来た状況に陥った時、ガタガタ震えながら不愉快なな思い出でじっと我慢するより、ややきつい運動をしたくなります。

 

 

私たちはこの『ややきつい運動』に『インターバル速歩』がオススメです。

 

 

インターバル速歩

 

 

 

インターバル速歩とは、『軽い会話ができる程度の速歩きで、3分間歩き、3分間ゆっくり歩く』、このセットっを繰り返す運動法なのです。

 

 

このセットを1日5回以上、週4回以上繰り返すことで、体力が10歳分ほど若返ることが科学的に証明されているのです。

 

 

運動して筋肉が収縮すると、代謝が進んで熱が生み出され体温が上昇し、そして『震え』は徐々に抑えられ、いずれは止まります。

 

 

更に基地と感じる運動をしたあとの1~2時間は高体温が維持されることに、これは運動中に消費した筋肉のエネルギー源を回復し、また若干ですが損傷した筋繊維を修復することによって、代謝が進むからなのです。

 

 

この際に、乳タンパク質や糖質を多く含む牛乳をコップ1杯飲んだら、この反応がさらに進むことに、そして筋肉量も増加することがわかっています。

 

 
大容量256GB、メールアドレス数無制限、共有SSL対応のレンタルサーバ

 

⇒ まずは15日間【無料】お試し利用から!大容量256GBレンタルサーバー『ヘテムル』

 

 

 

 

寒がりでない人とそうでない人の違いは?

 

同じ寒さにさらされても、寒いと感じる人とそうでない人では何が違うのでしょうか?、それは筋肉量の違いと云われています。

 

 

筋肉は収縮していない安静時も、細胞内でエネルギーを絶えず消費しており、筋肉量が多いと、この安静時の代謝量(基礎代謝)が大きくなるので、体が温まりやすく寒さに強い体になるのです。

 

 

前述したように筋肉量が増えると『震え』で発生する熱量も増えるのです。

 

 

更に、其の筋肉を使って運動すれば、其の強度と継続時間に応じて、多くの熱が生み出さられるわけなのです。

 

 

寒さに慣れた人は、慣れていない歩tに比べて、寒さにさらされてもなかなか『震え』が起こらないようになるのですが、これは、寒さにさらされると交感神経の活動が活発になって、脂肪が燃え、熱を生み出されるメカニズムが、寒さに幾度と無く晒されているうちに発達するためで、これを『非震え熱産生』と呼ぶのです。

 

 

このように、寒さに強い体になるには、

(1)全身の筋肉量を増加させて基礎代謝量を上昇させること。

(2)『非震え熱産生量』を増加させること。

が、有効であるということになります。

 

 

『寒い、寒い』と暖かい部屋の中で縮こまっていないで、思い切って外でインターバル速歩をしてみてはいかがでしょうか。

 

 
ポイントをためるとハローキティグッズがもらえる!初年度年会費無料のカード
お誕生月にキティちゃんからバースデーカードが届きます。
サンリオピューロランド・ハーモニーランドでのご優待特典も受けられます!
※優待内容は施設・時期により異なります。

⇒ 素敵なプレゼントあり【ハローキティカード】はこちら

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください