スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 糖尿病予備群に電話での定期的助言で、発症を4割抑制 | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

生活習慣病, 高齢者問題

糖尿病予備群に電話での定期的助言で、発症を4割抑制

スポンサーリンク

 

電話での適切なアドバイスが、糖尿病発症を4割抑制

 

 

糖尿病になる危険性が高い『予備軍』の人に、電話で予防のアドバイスを続けることで、発症率が4割下がったとする研究成果を、国立病院機構京都医療センター(京都市)などのチームがまとめ、英医学誌に発表しました。

 

 

研究チームは、『適切で親身なアドバイスが、予防への意欲を高めた』と分析しており、糖尿病の総医療費が1兆円を超える中、『自治体などは電話出の予防支援を活用すべきだ』と、促しているのです。

 

糖尿病予備群は、血糖値が高かったり、肥満だったりする人で、全国1100万人いるとされ、予防には運動や、食生活の改善による減量が重要とされているのです。

 

 

 

 

抜群の価格競争力と製品の信頼性【デル・オンラインストア】

→ [Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>

 

 

同センターの葛谷英嗣(くずやひでし)名誉院長らのチームは。2007年度から、全国にいる糖尿病予備軍2600人を対象に、保健師から定期的に電話で予防へのアドバイスを受けるグループと、自主的に運動などをするグループに分けて約5年間追跡をしたと云う事です。

 

保健師らは最初の1年間は電話を1回15~20分掛けて、減量が順調でなければ励ましたり、長続きする運動法を一緒に考えたりしたというのです。

 

『野菜を1日350グラム以上食べる』など数値を示して、食生活の改善も勧めたとのことです。

 

 

スマートフォンを売るとき、実は初期化だけだと危険がいっぱい!

リサイクルネットなら、特殊ソフトによる完全データ消去で安心買取!
スマホの高額買取は、リサイクルネットへ!

→ あんしん買取【スマホ売るなら リサイクルネット】

 

 

その結果、1年間に10回電話を受けたグループの糖尿病の発症率は、年平均1.6%で、体重は2キロ減ったということですが、自主グループの発症率は同2.8%、体重は同0.9キロ減だったとのことです。

 

糖尿病患者の4割は高齢者で、市町村が運営する国民健康保険に加入している人が多く、インスリンなどによる治療は医療費がかさみ、市町村は『糖尿病予防教室』を開くなどして、予防に力を入れているのです。

 

葛谷名誉院長は、『電話による予防支援で、市町村の負担も大幅に削減できる可能性がある」と指摘しています。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください