スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 危険ドラッグ・捜査にポータブル鑑定機器導入を検討 | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

精神的疾患

危険ドラッグ・捜査にポータブル鑑定機器導入を検討

スポンサーリンク

 

危険ドラッグ捜査に救世主か・ポータブル検査機器導入へ

 

 

 

違法薬物を現場で鑑定するために、警視庁は持ち歩きできる大きさの鑑定機器の導入を検討していると云う事です。

 

現在は試薬を使っているということですが、対象の薬物が覚せい剤などに限られているということで、覚醒剤を正確に鑑定出来るか、来春から実証実験する方針で、将来的には『危険ドラッグ』を含む様々な薬物への活用を目指すというのです。

 

 

動画配信・音源配信・ポッドキャスティング etc…
大容量レンタルサーバーで本格的な情報発信を!
容量256GB、月額1,000円~!レンタルサーバーは

 

→ WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー『ヘテムル』

 

 

国内の薬物事件で摘発される人の95%以上を締めるとされる覚せい剤と大麻には、簡易鑑定用の試薬が有り、要請かどうかは警察官が色を見て判断するのです。

 

警察庁の担当者は、『人間なのでミスは有る。機器に頼れるならその方が良い』と、話しています。

 

社会問題化した危険ドラッグには試薬がないと云うことですが、理由として種類が多いことと、化学構造の似た商品が次々と出回るためなのです。

 

所持していた人物が『違法薬物だと供述しても逮捕できず、各都道府県警の科学捜査研究所で鑑定し、違法薬物と分かった段階でようやく逮捕できるというのですが、鑑定が集中すると数かけ月待ちという状況だというのです。

 

また、試薬で鑑定できない薬物は他にも多数有るということなのです。

 

警察庁は米国などで操作に使われている携帯式の官邸危機に注目したということですが、大きさはノートパソコンや圭太ゲーム機器程度ものなど多数あり、光を当てて反射・吸収する光の波長などから薬物を特定する仕組みで鑑定できる種類も多いというのです。

 

 

 

危険ドラッグ

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

 

 

 

 

警察庁は昨年から、科学警察研究所(千葉県柏市)で携帯式の官邸機器を使って覚せい剤の鑑定を繰り返してきました。

 

誤鑑定を防ぐために、化学構造が似た危険ドラッグや、薬品についても波長などを調べ確実に識別できるか確認をした結果実証実験に踏みだす価値があると判断したということです。

 

 

ポイントをためるとハローキティグッズがもらえる!初年度年会費無料のカード
お誕生月にキティちゃんからバースデーカードが届きます。
サンリオピューロランド・ハーモニーランドでのご優待特典も受けられます!
※優待内容は施設・時期により異なります。

→ かわいい【ハローキティカード】はこちら

 

 

 

警察庁は、来年度当初予算の概算要求に数台のレンタル費用として約250万円を盛り込んで、薬物事件取り扱いの多い警察本部で、簡易鑑定に使ってもらうということです。

 

対象は主に覚せい剤で、結果は逮捕手続きの証拠としては使用しない、としています。

 

1年間やってみて、現場で使いこなせるか、正確に識別出来るかといった点を確かめるとのことで、警察庁の担当者は『時間はかかるだろうが、実用化できれば捜査環境が飛躍的に改善する。。実験結果を見ながら慎重に検討したい。』と話しています。

 

朝日新聞デジタルニュースより一部抜粋

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください