スポンサーリンク
リンパ節にガンが転移すると危険、其の理由とは | Network 健康

Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

大人の病気, 生活習慣病

リンパ節にガンが転移すると危険、其の理由とは

スポンサーリンク

 

リンパ節とはどんな器官?ガン転移は危険

 

 

『ブライダルエステ』結婚を迎える花嫁さんへ  エルセーヌ
晴れの日を迎えたいあなたのためにブライダル特別コースをご用意!

↓    ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓

エルセーヌ『ブライダルコース』 ご結婚・挙式を応援エステ体験の予約

 

 

 

ガンが見つかると、まず心配されるのが他の臓器や器官への転移なのですが、中でもまず重要視されるのがリンパ節なのです。

 

 

先日乳がんの手術を受けて退院した、元女子プロレスラーでタレントの北斗晶さんが会見した所によると、やはり脇下のリンパ節にも転移しており、医師からは、『胸だけなら5年生存率は70%だが、転移していると50%と告げられた』、・・・・・・とのことでした。

 

 

抜群の価格競争力と製品の信頼性【デル・オンラインストア】

↓     ↓      ↓      ↓      ↓      ↓     ↓

[Dell]お得な週替わりパッケージご紹介中!

 

 

 

 

 

リンパ節とは

 

そもそもリンパ節の役割とは何なのか?ガンが転移すると大変なのはどうしてなのでしょう?

 

 

リンパ節とはどんな器官? がんが転移すると大変な理由とは (Mocosuku Woman) 

リンパ節とはどんな器官? がんが転移すると大変な理由とは

 

 

 

人の全身には、血管の他にもリンパ管という管が張り巡らせているのですが、リンパ節は小さな楕円形の器官で、リンパ管の所々にあります。

 

 

其の役割は、リンパ管内部を流れるリンパ液に細菌やがん細胞などの異物が含まれていないかを監視し、排除するというものなのです。

 

 

リンパ節では、リンパ球などの免疫抗体を産生して、細菌や異物を排除しているのですが、いわばリンパ節はリンパ管の関所のようなもので、リンパ管を流れるリンパ液はリンパ節を経由しながら最後は静脈に注ぐくのです。

 

 

 

 

☆★☆★☆★

       ▼高級プラセンタ&セラミドがお試しできる▼
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
           【2週間分なら1,620円】        
          【たっぷりならお徳用が半額に】
                今だけ
          【こんなキャンペーン2度とない】

☆★☆★☆★

↓      ↓      ↓      ↓      ↓      ↓       ↓

話題の『高級馬プラセンタ・セラミド』最大62%OFF【2週間お試し】

 

 

転移して心配されるのか

 

がんの転移は、がん細胞や血管やリンパ管に入り込み血液やリンパ液の流れに乗って別の臓器や器官に移動し、そこで増えることで起こるのです。

 

 

先に述べたように、リンパ節はがん細胞を排除する役割も有りますが、そこで全滅させることが出来ずに生き残るがん細胞も有るのです。

 

 

更に、リンパ液の流れに乗って広がってしまうことも有るのですが此れを『リンパ行性移転』と呼ぶのですが、何処に移転するかはわからないのです。

 

 

まずは疑われるのは、最初にがん細胞が見つかった場所近くのリンパ節(所属リンパ節)や臓器、器官、または肺や肝臓、脳、骨など血液の流れが豊富な場所なのです。

 

 

しかし、遠くのリンパ節へ移転していくことも、此れを『遠隔転移』と、言います。

 

 

ですから、リンパ節への転移が見つかった場合はもちろん、予防的な意味を込めて、そのがんが発生しした周囲のリンパ節も一緒に切除するという方法を取ることが、此れを『リンパ節郭清』と、呼びます。

 

 

━━━━━★ 人 気 の 秘 密 は こ れ だ★━━━━━━━━
40代女性のお客様の声
持続力が違う!!これを使用した時にすぐ感じました。
”馬油”を使用しているのに、ニオイも気にならず、
肌をツヤツヤにしてくれます。
「リマーユスキンケアオイル」に出会い人生が変わった気がします。
あとプレゼント付きというのがたまりません。

大人から子どもまで使用が・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

↓     ↓      ↓      ↓      ↓      ↓       ↓       ↓      ↓
▼続きはこちらから、初回2個以上で送料無料!上質保湿オイル【リマーユスキンケアオイル】

 

 

 

リンパ節を切除

 

『リンパ節郭清』では、周囲の組織ごとリンパ節を切除するのですが、後遺症としては、リンパ系が閉塞するために起こる『リンパ浮腫』があります。

 

 

乳がんでは、予防的なリンパ節郭清には、『センチネルリンパ節生検』と云う方法がとられるようになって来たということですが、これは手術中における病理診断ということです。

 

 

脇の下にはリンパ節が複数ありますが、全てのリンパ節を取るとなると広範囲の切除が必要となり、リンパ浮腫が生じやすくなってしまいます。

 

 

そこで、リンパ節の中でもまず最初にがん細胞がたどり着くはずの『センチネルリンパ節』を手術中に生検するのです。

 

 

がん細胞は。センチネルリンパ節を経て他のリンパ節に転移するので、ここに転移がなければ他にもないと判断し、腫瘍とセンチネルリンパ節を切除するだけの手術に留めることが出来、リンパ節郭清の縮小化が図れるのです。

 

 

しかし、こうした方法は既にリンパ節へ転移している人や、転移の可能性が高いと診断されている人には適用されないのが実態とのことです。

 

 

乳がんは、早期発見にて乳房温存手術などが試みられていますが、進行の早いがんでは乳房切除の他に脇下までのリンパ節まで切除しなければならいのです。

 

 

其のためにも、マンモグラフィーや超音波検査などの定期診断を受けることが大事なのです。

 

 

Mocosuku Womanより一部抜粋

 

 

 

 

 

 

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
      「終活」は、さがみ典礼におまかせください!
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 **ご葬儀の無料見積りをはじめ、相続・介護などのお困りごとに、**
         終活カウンセラーがお答えします!

   参加無料!楽しい催しも多数開催♪お気軽にお越しください。

  [参加特典]
  →今話題のエンディングノートを無料プレゼント!

↓     ↓      ↓      ↓     ↓      ↓      ↓  

参加無料の終活イベント【さがみ典礼】アルファクラブ武蔵野株式会社

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme by Anders Norén