スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 難病『多発性硬化症』患者、腸内細菌の数に偏りが | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

大人の病気, 脳疾患

難病『多発性硬化症』患者、腸内細菌の数に偏りが

スポンサーリンク

 

腸内細菌の数に偏りが、国立精神・神経医療研究センターが発見

 

☆★☆★☆★
リマーユスカルプシャンプーは馬油とアミノ酸のシャンプーです!
初回半額で購入はこちら。

☆★☆★☆★

 

 

 

視力低下などが起きる中枢神経の難病、『多発性硬化症』の患者は、健常者に比べて特定の腸内細菌の数に偏りがあるとの研究結果を、国立精神・神経医療研究センター(東京都小平市)の山村隆・免疫研究部長らの研究チームがアメリカ科学誌プロスワンに発表しました。

 

研究チームは、『食生活の欧米化などによる腸内細菌の以上が、発症の原因につながっている可能性がある』としていると云うことです。

 

多発性硬化症は、医療費補助対象の指定難病で、免疫機能に異常が生じて脳や脊髄(せきずい)、視神経といった中枢神経に炎症が起こり、視力低下や手足の麻痺などの症状が出ると云われています。

 

患者は20~40代の若い女性が多く、国内には1万5000人ほどいると推定されるとのことです。

 

 

初心者でも安心なレンタルサーバー。最大400GB、100円(税抜)から。
【ロリポップ!】ブログ、ショッピングカート、ウェブメーラーなど多彩な機能!

 

 

 

研究チームは、30年前に1000人程度だった国内の患者数が年々増加してきたことや欧米の白人に患者が多いことなどから、、食生活と腸内細菌に着目したということです。

 

患者20人と健常者40人の便を調べたとの床とで、其の結果、患者の腸内細菌の数は19種類で、健常者より大幅に少なく、約50分の1まで減っていた細菌も有ったとのことです。

 

逆に、別の2種類では、健常者よりも最大3倍弱多く、偏りが目立ったのです。

 

山村部長は、『腸内細菌の異常を是正すれば、発症を予防し、症状を改善できるかもしれない』と話しています。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆高収入在宅アルバイト募集★☆★☆★☆★☆★☆★☆
在宅 及び 出勤の高収入アルバイトのお知らせです。
登録料やノルマなど一切なし!
初心者、中高年の方でも安心なお仕事です。
スタッフが親切丁寧にサポートします。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

 

多発性硬化症とは

 

多発性硬化症(MS)と云う名称は「脳や脊髄に多発性の硬い病巣が見られる病気』という意味から付けられています。

 

MSの病変は、中枢神経であればどこにでも起こりうるもので、起こる時期も様々で規則性は有りません。

 

また、困ったことに症状が一旦治っても、他の症状の再発を繰り返す為、したがって患者さんごとに症状や経過が多様だということなのです。

 

中でもよく見られる症状は、しびれ感や奸悪低下、手足の脱力や歩行障害、しゃべりにくさや飲み込みにくさ、視力低下、物が二重に見える福祉、排尿障害などです。

 

これらの症状は、急性にあ現れることがほとんどで、病気の経過として、症状が改善したり悪化したりする、いわゆる再発と寛解(改善)を繰り返す対応の患者さんが最も多く、次いでそれらの再発を幾度と無く繰り返しながらだんだんと増悪していく病型が多いようです。

 

中には最初から、徐々に進行していくまれな方もあ有ります。

 

 

 

かわいくて高機能なアクセス解析ツール【アクセスプラス】が使えるのは【カラーミーショップ】だけ!

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください