スポンサーリンク
女優・川島なお美さん肝内胆管がんから、夫婦で再起に向けてと宣言を | Network 健康

Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

医療ミス, 大人の病気, 生活習慣病

女優・川島なお美さん肝内胆管がんから、夫婦で再起に向けてと宣言を

スポンサーリンク

川島・鎧塚夫婦『夫婦で再起に向けて頑張っています』と宣言

 

体調不良で舞台を降板し療養中の女優・川島なお美(549の夫でパティシエの鎧塚俊彦氏(49)が22日、フェイスブックで鎧塚氏の手料理を喜ぶ川島さんの様子を伝え、21日にツイッターで拡散された心ない噂に対して『夫婦で再起に向けて頑張っています』と宣言をしました。

鎧塚氏は、入院中の川島さんを支えるべく洗濯も自身で行っていることを明かし、『仕事に主夫に精一杯頑張ってます』と綴っています。

 

川島さんについては、『食欲のない女房ですが、私の手料理だけは『美味しい!』と食べてくれるので、いつもより少し仕事を早く終わらせて毎日作っています』と、食欲の減退を明かす一方で、鎧塚氏の手料に力づけられ、毎日食事を取っていることが伝えられました。

川島さんは昨年1月に肝内胆管がんの手術を行い、胆管を摘出したのです。

 

消化器系の癌の場合、消化酵素が分泌されにくくなり、食べられなくなることが多いと云われています。

川島さんの場合も、消化の良い食べ物を中心に、ゆっくりと時間を掛けて噛み締めながら食事をしている、と伝えられているのです。

 

川島さんは人間ドックで小さな腫瘍が見つかり、都内の病院に入院、回復しないで腹部に数過疎5~10ミリの穴を開ける腹腔鏡手術を受けてたのです。

 

スポンサーリンク

男性にやや多く見られるガンで、胆管には肝内胆管と肝外胆管とが有り、肝内胆管がんは胆管細胞がんとも呼ばれ胆管がんの中でも、最も予後(治療後の経過)の悪いものと云われています。

症状がなく、症状が出ても診断がついた時にはかなり進行している場合が多いと云われている癌なのです。

スポンサーリンク

肝外胆管は、肝門部、上部、中部、下部に分かれますが、肝外胆管に出来たガンは、それぞれの部位の名称を胆管がんの前につけて飛びます。

肝門部胆管癌、上部胆管がんと上部へ行くほど手術が困難で切除率が低く、予後も悪くなりますが、チュブ胆管がん、下部胆管がんの切除率は上部胆管がんよりも大きい為に治癒率が向上すると云われています。

 

肝内胆管がんは、かなり進行するまで症状が現れず、胆管壁は薄く、管も細いため内腔がガンで塞がれやすく、黄疸で発症すると云われています。

ガンは早くから周囲の神経や血管、リンパ管に浸潤し、多くは黄疸で発症するのですが、その前に『皮膚が痒い』、『尿が濃くなった』と訴える人もたくさんいるとの事です。

 

肝内胆管がんは肝内結石と関連する慢性感染や炎症が其の原因と考えられています。

胆管と膵管は、十二指腸に開口する前に合流するのが普通なのですが、胆管が膵管に合流するような合流異常症では、胆嚢癌や胆管がんの発生が多く見られるというのです。

 

発がんの誘引としては、胆石や膵液による慢性の炎症性刺激、ホルモン、胆汁のうっ滞などが考えられているとのことです。

一般的に予後不良と云われおり、完全に切除できたものでは、5年生存率が40~50%ですが、切除できなかったものでは10%未満に過ぎないそうです。

 

また、手術的に切除できなかったものは1年生存率がほぼ0%だということです。

 

お得な情報

もう悩まない!男性用サプリメント【スーパーピーフューチャー】



彼氏と3年経ってもラブラブな秘訣はこちらから


 

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme by Anders Norén