スポンサーリンク

今年は高温で、野菜から海のサンゴまでも影響が!

 

 

  …………………………………………………………………………………
   あの国民的大人気漫画と三井住友VISAカードがタッグを組んだ!
【ワンピースVISAカード】
  …………………………………………………………………………………

 

 

千葉県習志野市実籾の同市指定自然保護区『ほたる野』で、通常、熱帯以外では咲かないとされているサトイモの花が次々と開花し、話題を呼んだということです。

 

県立中央博物館は、『今年は猛暑が影響し、開花したのではないか』と、話しているということです。

 

同地区で家庭菜園を営むパートの小野岩男さん(70)と無職の小林健宏(76)=共に同市=が8月初旬に農作業中に発見したということです。

 

 

里芋の茎から、直径20~25センチほどの淡いクリーム色の細長い花が相次いで開花し、8月21日まで21輪が咲いたというのです。

WordPressが簡単・すぐに使えるレンタルサーバーheteml(ヘテムル)

熱帯の花、次々と 猛暑影響?サトイモ開花 /千葉 (ちばとぴ by 千葉日報) 

熱帯の花、次々と 猛暑影響?サトイモ開花 /千葉

畑に咲いた珍しいサトイモの花=今月8日、習志野市実籾の自然保護地区「ほたる野」で、坂田さん撮影

 

 

県立中央博物館の、植物学研究科・佐伯健一主任上席研究員(53)は『県内での開花は過去20年に数件しか把握していない』と希少性を説明したということです。

 

 

里芋の原産地はアジアの熱帯地域で、国内ではほとんど開花しないのですが、高温で咲いてしまったとのことですが、サトイモの花には種は実らないそうです。

 

    1日5分!美顔器「エステナードソニックROSE」

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

 

館山沖合でもサンゴが

 

 

館山市飯山満沖合の水深3~7メートルの岩礁で確認されたテーブルサンゴの成長が早く、直径が最大60センチになったということです。

 

猛暑が続く夏、温暖化に伴う海水温上昇による影響とみられるとのことです。

 

 

\若々しい毎日に!/セサミン高含有黒ゴマ使用。小林製薬≪セサミンGOLD≫     

 

 

 

温暖化? 成長早く直径60センチに 館山沖のテーブルサンゴ | ちばとぴ ちばの耳より情報満載 千葉日報

サンゴの北限といわれる館山市波左間沖で直径約60センチに成長したテーブルサンゴ=18日

 

 

熱帯性海域に棲息するテーブルサンゴは、造礁サンゴと成るミドリイシサンゴで、波左間海中公園の荒川博之社長(77)が約10年前に見つけたそうです。

 

定期的な観測を続け、3年前には直径30センチを超え話題となりましたが、『水温が13~15度に下がり死滅したサンゴもあるが、数年で更に増え、成長した』と話し、直径20㌢以上だけで20を数えるというのです。

 

40年以上に渡り海中映像を取るカメラマン・尾崎幸司(71)さんは、『サンゴもどきが確認されると、サンゴが定着することが多い。台がしっかりしたテーブルサンゴの北限で、温暖化によってサンゴ礁に成るかもしれない』と、造礁の可能性を示唆しているということです。

 

 

温暖化によって、日本列島自体が亜熱帯化になっていると思われる環境変化、植物も海洋性生物にも変化が、私達の生活環境にも大きない影響が出てくることは、間違いないことです。

 

 

最高気温の上昇や、今まで生息してなかった昆虫などによってもたらされる伝染病など、昨年のデング熱もしかり、日本では生息していなかったセアカゴケグモや爬虫類や齧歯類などの繁殖、海ではサメばかりではなく、毒性の強いヒョウモンダコやクラゲの繁殖などが挙げられます。

 

気温上昇にともなって、今までとは違う背かつ環境変化、其れに伴う健康管理が必要となってくることは、間違いなでしょう。

 

 

 

 

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
美容サプリで!は異例の大ヒット!!「すっぽん小町」
1年中紫外線を浴びている皮膚のコラーゲンは、ナント20代から減り始めます。
コラーゲンを作る良質なアミノ酸がたっぷり入ったサプリメント(一般黒酢の約90倍)
モンドセレクション銀賞受賞

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

 

 

スポンサーリンク