スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 肌着で心拍数が測定できる!東洋紡が新素材発表 | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

未分類, 生活習慣病

肌着で心拍数が測定できる!東洋紡が新素材発表

スポンサーリンク

 

『着るセンサー』東洋紡が新素材、貼って心拍数測定が出来る!

 

 

 

 

繊維・素材メーカーでもある東洋紡は11日、肌着の裏地に貼って心拍数などを測れる、フィルム上の素材を開発したと発表した、ということです。

 

 

 

薄くてよく伸びる特徴を活かして、体の状態が分かるスポーツウェアや医療分野での利用を想定しているそうです。

 

 

 

今後、アパレルメーカーなどと組んで2017年度の商品化を目指す、ということです。

 

 

ワンピースVISAカード

 

『COCOMI(ここみ)(心美)』と、名づけた素材は、電気をよく通すペースト状の物質を樹脂で挟んでいて、電極や配線の役割を果たすというのです。

 

 

 

厚さは0.3ミリで、2倍の長さに伸びるために自然な着心地が保てると云うことです。

 

 

 

肌に接する部分で、筋肉の微弱な電気信号を捉えることは出来るため、スマートフォンなどにデーターを送って表示することが出来るそうです。

 

 

 

心拍数の他、呼吸数や汗のかき具合など、測れる要素も増やしていく考えだということです。

 

 

ANAで行く、格安国内旅行はミュゼトラベル

 

メンタルトレーニングや、居眠り運転の防止などへの応用も視野に入れているとのことで、東洋紡は17年度に2億円の売上を見込んでいるということです。

 

 

 

開発した東洋紡は、近年ウエラルブル端末の市場が拡大する中、着るタイプの生体情報計測ウェアが注目されている、というのです。

 

 

 

一般に、生体情報計測ウェアでは、センサー様澱橋・配線材として用いられる導電材料から着用時の着心地に課題が有ったというのです。

 

 

 

具体的には、導電材料が伸縮性を持たないために、電極配線材が身体の動きに追随できなかったと、言う事なのです。

 

たった30分の番組中にズボンがゆるくなっちゃった!骨盤ウォーカーベルト

 

東洋紡では、長年電子材料用途に導電ペーストを開発・販売しており、其の技術を発展させて『伸縮性に優れた導電材料』の開発に成功したそうです。

 

 

 

一方で、感度計測技術も保有しており、曖昧な言葉(ファジー理論)で表現される感覚を危機により数値化する技術であり、人の感覚と機器測定をつなぐ多くのノウハウを持っていたと云うことです。

 

ダイエットなら今流行の【なま酵素美人】

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください