スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 介護に、摩擦少ないシートやレジ袋活用! | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

高齢者問題

介護に、摩擦少ないシートやレジ袋活用!

スポンサーリンク

抱えない介護に注目、介護される方もする方も体の負担が楽に!

 

 

回す・オス・低・抱え上げずに腰の負担を軽く、という介護の負担を軽くするスライディングシートと呼ばれる福祉用具などを使う、「『抱え上げない介護』が今、注目されているのです。

 

ベッドに寝ている人の位置を修正する際などに活用でき、介護をする方も、される方も、体に係る負担が軽くなるというのです。

 

『介護を担う人の7~8割は腰痛の経験があると云われ、腰に負担のかからない介護法の普及が急務です』と、話すのは『移動・以上技術研究会』(東京)代表の中山幸代さんです。

 

  …………………………………………………………………………………
   あの国民的大人気漫画と三井住友VISAカードがタッグを組んだ!
【ワンピースVISAカード】
  …………………………………………………………………………………

 

 

抱え上げない介護を、著書やセミナーなどを通じて紹介しているそうです。

 

『回す』、『押す』、『引く』ことで、抱え上げずに体を移動させう手法で、北欧などで普及しているということで、初心者でも取り組める動作が2つあるそうです。

摩擦少ないシートやレジ袋活用…介護楽に

       読売新聞

       回す・押す・引く 抱え上げず、腰の負担軽く

 

 

1つ目は、ベッドで寝ている人を頭側に動かす方法=イラスト上=です。

 

背上げ機能のついた介護用ベッドは、食事などでベッドを起こす度に寝ている人の体が足元にずれていってしまいがちになるので、此れをスライディングシートを使って元に戻すのです。

 

シートはナイロン製などで、2枚重ねにするとよく滑るとのことで、筒状のものや、半分に折って使うタイプなども有り、福祉用具店などで数千円で手に入るそうです。

 

先ず、枕に頭と肩を乗せて、枕から肩甲骨の下にかけてシート敷き込むのです。

 

次に、膝を立ててもらい、足裏にすべり止め用のシートを敷く。(此れは玄関マットに敷くもので100円ショップで買える)

 

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
      【ファイテンオフィシャルストア】公式通販サイト
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

多くのプロアスリートが認め、愛用しているファイテン。
その人気は芸能界にも広がり、役者、芸人、歌手にも愛用者多数!
たくさんの体感ボイスが寄せられてます。

 

 

肩や枕部分の摩擦抵抗が減っているために、腰を少し浮かして足を足を踏ん張るだけで体が上方へ移動するのです。

 

次利己で腰を浮かせられない場合は、スタンディングシートか、厚手のポリ袋をお尻の下にも敷き、介助者が太ももの裏にバスタオルなどを回して補助すると良いそうです。

 

2つ目は、車いすの活用法です。

 

座面からずり落ちないように深く座りなおしてもらう際に使うのだとか、『厚手のポリ袋やレジ袋が意外と便利ですよ』と、中山さんは説明しています

 

 

摩擦少ないシートやレジ袋活用

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>
摩擦少ないシートやレジ袋活用…介護楽に

読売新聞

「回す」「押す」「引く」ことで、抱え上げずに

用意する袋は2枚で、おしりの左右に一枚ずつ敷きこ見ます。

 

袋に両手をいれ、おそりの下に差しこむようにすると敷きやすいそうです。

 

次に要介護者は体を前に倒し体を左に傾ける

 

お尻がの右側が浮くので、介助者は右膝の下や腰のあたりに手を添えて優しく押す。

 

お尻の左側を支店にして回転させるように移動させる。

 

逆側も同様の動作をして、何度か繰り返せば徐々にお尻が後ろに下がり、深く腰掛け直せるそうです。

 

=========== << スカイスキャナー >> ============

スカイスキャナーは航空券、ホテル、レンタカーを瞬時に検索比較できる旅行検索サイトです。
国内線、日本発着の国際線のほか海外発着の航空券も検索できます。

■□■□■□■             ■□■□■□

       ◆目的地別に航空券、ホテル、レンタカーを一括し比較検索!◆ 
======================================

 

 

ある程度、筋力が有る人なら自力で元に戻ることも可能だとか、『本人の状態をよく観察し、出来る事は一緒にやってもらうと能力が活かせ、介助者も楽です』と話しています。

 

移動が終了したら袋は直ぐに抜き取る事を忘れないようにしましょう。

 

こうした抱え上げない介護はへの関心は年々高まっているとし、厚労省も”13年、『職場における腰痛呼ぶ対策指針』を、19年ぶりに改定、腰痛予防のため、介護現場での人力による抱え上げを原則禁止としたのです。

 

『日本ノーリフト協会』(神戸)代表理事の保田淳子さんは、『福祉用具を取り入れることで、介護者は腰痛が予防でき、要介護者は体を力任せに引っ張られる痛みや、怖さがなくなる。一手間かかるが、長い目で見れば使うメリットは大きい。ぜひ活用してほしい』と話しているそうです。

 

 

 

 

 

 

簡単体操・整体で、スマホ首痛や肩こりを『20秒』で改善する!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください