スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 暑い夏、ペットボトル症候群が怖い、何を飲めばよいの? | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

大人の病気, 子供の病気, 生活習慣病

暑い夏、ペットボトル症候群が怖い、何を飲めばよいの?

スポンサーリンク

 

暑い夏、若者に増えているペットボトル症候群とは?

 

 

暑い夏は、普通に生活しているだけでも沢山の汗をかくものです。

 

脱水症状に成らないように、こまめな水分補給が必要なのですが、水分なら何でも良いというわけではないようです。

 

自分では水分補給しているつもりでも、飲めば飲むほど体にとって、マイナスの作用と成ってしまうドリンクも有るということですから、細かなチェックが必要とだというのです。

 

 

 

10代で糖尿病になる子供たちが増えている

 

水分補給に理想的な飲み物は、ミネラルウォーターと云われています。

 

コンビニやスーパーなどで販売されてるペットボトルの水を、バッグの中に携帯している女性も多いのではないでしょうか。

 

しかしいつも水ばかりでは・・・・飽きてしまうという人もいいのでは、そこで清涼飲料水やスポーツ飲料水を水代わりに飲む人が多いのではないでしょうか。

 

人間の体は汗をかくと、体内の水分と一緒に塩分も同時に失ってしまうと云われています。

 

ミネラルウォーターやスポーツ飲料水を飲めば水分と同時に塩分補給が出来るのですが、清涼飲料水の場合には、糖分やカフェインなどが含まれていることが多いために、注意しなければならないのです。

 

糖分を摂取し過ぎると、10代でも糖尿病を発症することが有ると云われていますし、カフェインには利尿作用が有るために、飲み過ぎるとトイレが近くなり、摂取した水分以上に尿を排出することになってしまうと云うのです。

 

此れでは、水分をとっているつもりでも、脱水状態に陥ってしまい水分補給になっていないということになります。

 

 

 

ペットボトル症候群とは

 

近年では、チョットした飲み物を飼うためにコンビニやスーパーを利用する人が多くなり、暑い時やスポーツ後の水分補給にもペットボトルに入った飲料水を利用するのが一般的になりました。

 

水やスポーツドリンクではない、炭酸飲料や清涼飲料水を水分補給として飲み過ぎてしまいますと、急性糖尿病や、脱水症状を引き起こしやすくなると云われており、このような症状は『ペットボトル症候群』と、呼ばれているのです。

 

ペットボトルに入っている、飲料水すべてが良くないわけではありませんが、何をどのくらい飲むかは、気をつける必要があると云うことです。

 

 

水分補給は、がぶ飲み厳禁

 

暑い季節に効果的な水分補給をするなら、健康や美容のためにもミネラルウォーターがお勧めです。

 

 

それも一度にたくさん飲むのではなく、ペットボトルの水を携帯し、チビチビと頻繁に水分補給をしたほうが効果的な水分補給が出来るそうです。

 

汗をかいた時やお風呂あがりなどには、体が水分を欲しているので、十分に水分補給をすることを心がけましょう。

 

 

アルコール摂取の後には水分補給

 

暑い夏は、冷たいビールが美味しいのですが、気をつけなくていけないのは、アルコールには利尿作用が有るという事です。

 

日中に汗をかい水分不足状態で、ビールなどのアルコール飲料を摂取すると、利尿作用によって、体が脱水状態なっているかもしれません。

 

脳や腎臓などに、深刻な影響をおよぼすことも有るために注意しましょう。

 

アルコールは、水分ではないということをよく考えて、楽しいお酒にすることを心がけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単体操・整体で、スマホ首痛や肩こりを『20秒』で改善する!

スポンサーリンク

 

 

 

地方公務員の中途採用試験、民間企業等職務経験者採用試験、社会人採用試験など、その受験ノウハウが満載。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください