スポンサーリンク

 

””めまい””は暑い季節に増える自覚症状

 

毎日が猛暑日が続いていますが、熱中症の他に『めまい』も、暑い季節に増える自覚症状の一つです。

 

フワフワした浮遊感が有る『めまい』と、グルグル回るような回転性の『めまい』などが有るとうのですが、一般的には浮遊感の有るめまいは脳の血液循環不全が主な原因と云われているそうです。

 

高温の中で立っている時、低血圧、あるいは高血圧の治療により血圧が低下した時に、貧血や著しい不整脈などの心臓の障害、また生理中の女性などでは、一般的に脳の血液循環が悪くなり、めまいを感じることが有ると云われています。

 

 

原因は様々

 

此等は安静にして休んでいると直ぐに回復し、繰り返さなければあまり問題にはならないそうです。

 

高齢者にめまいが起こりやすいのは、脳の動脈硬化が起きていて、血行が悪いため、と云うことです。

 

他にも、低血糖や自律神経失調症、心因性等、様々な原因が有ると云うことです。

 

 

 

危険な兆候

 

注意したいのは、手足に力が入らない、ろれつがまわらない、体がしびれる、激しい頭痛や吐き気を伴うといった場合は、脳梗塞や脳出血の心配も有り、医療機関の受信が必要とのことです。

 

涼しく静かなところで数分間休ませて、それでも改善が見られない時には、担架や救急車で医療機関に運ぶことを考えたほうが良いそうです。

 

 

耳にも原因が

 

グルグル回るようなめまいの時には、耳の内耳の傷害が疑われるそうです。

 

人間の平衡感覚を司っている内耳に問題が生じると、平衡感覚が侵されるために回転するようなめまいや、体や頭の位置を動かした時にめまいを感じると云われています。

 

 

 

メニエール病

 

『メニエール病』は、内耳のむくみなどが原因で、回転性のめまいを起こすと云われています。

 

伴う症状として、耳鳴りや、耳が詰まったような感じ、片耳の聴力低下などがあるそうです。

 

メニエール病は、ストレスや疲労等も誘因になり、繰り返すことが多い病気、と言われているとのことです。

 

 

 

めまいは何科を受診すれば

 

めまいの時には、何かを受診すれば良いのですか?と言った質問をよく聞きますが、実は、回転性のめまいには、耳鼻科が適しているそうです。

 

浮遊性のめまいでふらつき感が不快なら、内科の受診が適しているとのことです。

 

暑い夏は、ストレスや疲労が溜まりやすく、、また脱水により血液循環も悪く成るために、めまいが起こりやすい季節なのです。

 

日頃から、健康管理に留意して、日常生活を心がけましょう。

 

めまいが起きた時には、重篤な病気の可能性も有りますので、本人も周囲の人も慌てず落ち着いて、対処することが大事だと云うことです。

 

 

 

DIAMOND男の健康から一部抜粋

<PR Yahoo! JAPANのクレジットカード登場!【YJカード】>

 

 

既に3000人以上の実績。10年以上かけて育毛に取り組む中、最終的に辿り着いた究極の発毛法。

 

 

 

地方公務員の中途採用試験、民間企業等職務経験者採用試験、社会人採用試験など、その受験ノウハウが満載。

 

 

 

 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>