スポンサーリンク
つんく♂さんが挑戦している『食道発声法』とは、ゲップが出るなら声は出る! | Network 健康

Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

大人の病気, 生活習慣病

つんく♂さんが挑戦している『食道発声法』とは、ゲップが出るなら声は出る!

スポンサーリンク

つんく♂さんが取り組んでいる

 

喉頭がんのために、整体を摘出した音楽プロデューサーのつんく♂さんが、『食道発声法』によるリハビリで、声を取り戻そうと取り組んでいることが明らかに、一般的に早ければ1年ほどで声を発することが出来る様になると云われているそうです。

 

電機子人工喉頭を使わずに、整体をなくしても自らの声を出すことが出来る『食道発声法』とはどのようなものなのでしょうか?

 

 

声帯を摘出しても声は出る

 

ガンなどが原因で声帯を全摘出した場合、声は完全に失われます、とはいえ声が出ないとなると、仕事や日常生活に支障が出てしまいます。

 

手術後に話が出来るように、『電気喉頭』という補助器具を使ったり、気管と食道をチューブでつないで声を出せるようにした『喉頭形成(シャント)』という方法を用いるなど様々な方法が考案されているそうです。

電気喉頭は簡単に使うことが出来るそうですが、声に抑揚がなくロボットのようにな声に成ってしまうそうです。

 

また喉頭形成は手術やメンテンナンスが必要となり、月々にかかる費用も大きくなるとのことです。

 

そんな中、器具を使わず手術もメンテンナンスも必要のない、費用が掛からないのが『食道発声法』だということです。

 

 

胃に空気をためて声を出す

 

食道発声法は、肺ではなく胃に空気を取り込み、空気を逆流させながら食道の入り口付近にある粘膜のヒダを振動させて声を出す方法だそうです。

 

言い換えれば、ゲップを上手にコントロールして出し、声とするというもので、通常ゲップは飲み込んだ空気や食べ物や飲み物に含まれる空気が胃の中にたまり、其れが逆流する時に、食堂の入り口にある粘膜を振動させて音をが出るというのことです。

 

 

食道発声法の習得方法には、3つ有るということです。

 

1) 飲み込み法; 鼻や口から空気を飲み込む

 

2) 注入法; 舌で口の中で空気を喉に押し込む

 

3) 吸引法; 肺呼吸とともに空気を吸い込む

自然な声を出すには『吸引法』が最適ですが、此れは難しい方法のため、『飲み込み法』や「注入法』から順番に覚えていく必要があるということです。

 

飲み込み法で、空気を食道に送り込むコツを覚え、、注入法で素早く飲み込めるようになれば、短い会話をすることも可能になるそうです。

 

 

体力のある人に向いている

 

食道発声法は、ある程度の体力が必要とされるために、加齢などの理由で体力のない人にはあまり向いてい無いということです。

 

また、長時間話し続けたり、大声で叫んだりといったことは、難しいとされているそうです。

 

しかし、日々の積み重ねにより努力をすれば、日常生活で電話をしたり、歌を歌ったりすることも可能だということです。

 

つんく♂さんの取り組みは、喉頭がんで声帯を失った人達に希望を与えてくれているそうです。

 

 

 

簡単・ゴースト肩こり、上腕二頭筋を鍛える20秒体操

 

辛い三大療法(手術・抗がん剤・放射線)や保険適用外の高額な先進医療に頼ることなく、自宅でガンに対処する“最新の食事法”があります。あなたもこの食事法を知って、副作用や後遺症の苦しみを緩和させ、精神的な不安や経済的な負担も軽減させて、大切な人と穏やかに暮らせる自分らしい生活を手に入れませんか?

 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme by Anders Norén