スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら チャラ~ン!林家こん平さん奇跡的回復へ、8月22日落語を披露予定 | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

生活習慣病, 脳疾患

チャラ~ン!林家こん平さん奇跡的回復へ、8月22日落語を披露予定

スポンサーリンク

都電落語会

 

落語家の林家こん平さん(72)が、8月22日に東京・大塚で開催する『都電落語会1周年イベント』11年ぶりに落語を披露することを明かしました。

 

7月26日に、都内で行われた主催イベント『都電落語会』の終演後に語ったということです。

 

 

多発性硬化症の発症

 

2004年8月に、レギュラー出演していた日本テレビ『笑点』の収録直後に体調を崩して休養へ、右半身が麻痺して、声も出せない状態に成ってしまったのです。

 

林家こん平 心肺停止から2年「落語会がリハビリ」娘が明かす

     Copyright (C) 2015 Kobunsha Co. Ltd. All Rights Reserved.

 

 

後に、脳や視神経などの病巣ができる難病の『多発性硬化症』と診断をされていましたが、次女の笠井咲さん(47)ら家族の必死の介護で少しずつ回復し始めましたが、”13年には持病の糖尿病が悪化し、一時は心肺停止にまで陥ってしまったということです。

 

 

都電落語会を

 

その後、人前で話ができるほど回復した昨年8月から『都電落語会』を開催しているのです。

 

下町を走る『都電荒川線』の1車両を借り、大塚から三ノ輪橋までの往復間で落語を披露する会で、毎月1回行っているとのことです。

 

現在、こん平さんは、出発の際にあ挨拶をするだけだというのですが、それでも毎回多くのファンが駆けつけてくるれそうです。

 

 

次女の咲さんの話では

 

『糖尿病が悪化していて、目に見えてわかったのは左足の指が壊死でした。これについては病院の皮膚科で治療して頂きました。そんなある日、父の呼吸が荒くなって、何も出来ない状態に成った。そこで大学病院へ連れて行って見てもらいました。

 

先生は『糖尿病の人は、傷口からバイキン入ると大事になることが有ります。お父さんの場合は、おそらく足の傷口から菌が入って、壊死が始まった。

 

そして、足の指を壊死させた菌が心臓まで来ています。これが脳に回ったら命取りです』とそのままCCUに緊急入院しました。

 

咲さんは『昨年の4月まではほとんど寝たきりだったのに、今では身の回りのことはかなり自分自身で出来るように成っています』と多くの声援が力となり、こん平さんは奇跡的な回復力を見せいていると、話しているとのことです。

 

26日にも元気な声で階の出発の合図『1.2.3.チャラ~ン』と掛け声をがあげていたそうです。

 

こん平さんは、『今日、すごく良かった』と振り返り、11年ぶりに披露する落語について、『頑張ります』と意気込んだということです。。

 

 

落語への思いが

 

なんとか落語へ復帰させたい・・・・・・・そんな思いで咲さんが中心となって、昨年8月から始まったのが『都電落語会』だそうです。

 

『落語会は毎月一回行っています。父は毎回お客様に一言・二言ご挨拶した後、『1.2.3.チャラ~ン』と、都電の出発と落語会開催の合図をしますが、1回めの落語会を境に、父の病状は劇的に回復したんです。トイレにも自分で行けるようになったし、要介護も4から3になりました。

 

やはり、自分が出るべき舞台が出来たことで、『もう一度芸人として頑張ってみよう』と云う気持ちに慣れたんだと思います。実際、舞台に登場した瞬間、父は病人から芸人になりますからね。』と話しています。

 

来月8月22日の『都電落語会』は、一周年記念となるそうです、この一周年記念の舞台で、こん平さんは『寿限無』に挑戦するべく、現在リハビリに励んでいるとのことです。

 

女性自身7月24日から一部抜粋

 

 

 

 

 

簡単体操・整体で、スマホ首痛や肩こりを『20秒』で改善する!


自分でアップした動画を早く10万回再生達成したい。・検索でヒットするように上位に表示したい。そんな方 10万カウントの動画再生を保証します

 

 

 

<PR おしゃれ女子必須の馬油アミノ酸シャンプー&トリートメント!>

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください