スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら うつ病が10代にも増えている、其の『サイン』とは | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

子供の病気, 精神的疾患

うつ病が10代にも増えている、其の『サイン』とは

スポンサーリンク

ストレス社会、『うつ病』は大人だけではない

 

うつ病というと、ストレスの多い大人がかかるものだと思われがちですが、最近では、10代の子供にも症状が見られるようになったというのですが・・・・・!

 

児童精神科医の猪子加代・猪子メンタルクリニック院長の話によりますと、子供のうつ病の有病率は10代で3~8%とされ、児童期から青年期の間にうつ病を体験する人は、20%にもという調査もあると云うことです。

 

 

子供のイライラ・面倒くさがりは注意が必要

 

子どもならではのうつ病の症状はいくつか有るそうですが、いつもイライラしている、何をするのも遅くなる、面倒くさがりはなさくなる、などだと云うことですが、ただこうした症状だけでは、うつ病かどうかは見分けにくいのです。

 

特に思春期は、ただでさえ落ち込んだり、イライラしたりし易い物だということなのです。

 

 

うつ病のサインとは

 

一つの目安は、学校にいくことが辛くなるなど、今までは楽しくやれていたことが苦しいと感じる時。

 

更に朝起きいられず、夜眠れない日が続くなど、生活に師匠を期している時。

 

こうした行動が2週間以上続く時は、うつ病の『サイン』の可能性があるということです。

 

前述の猪子医師は、『特に『自分はダメな人間だ』と自責感が強い時には注意が必要です。『死にたい』などと言い始めたら、自殺に結びつく可能性も有り、早めに医療機関を受診してほしい』と話しています。

 

 

 

子供の本音を聞きましょう 

 

 

『ゲーム依存』にうつ病、うつ状態が潜んでいることも有る、と長年、小中学校でスクールカウンセラーを務めてきた、東京認知行動療法センター臨床心理士の松丸未来さんが相談を受けた中にはこんなケースも有ったということです。

 

有る男子中学生は、ゲームに嵌って夜更かしが続いた。

 

深夜から宿題を始めてももうように進まずイライラし、床をドンドン鳴らしたり、大声を上げたりすることが多くなった。

 

朝起きられず学校に遅刻し、授業中は寝てしまう、勉強についていけなくなり、親に叱られ、相談できる友達も居なかった。

 

松丸さんの元を訪れた男子学生は、こんな本音を漏らしたということです。

 

『別にゲームがしたいわけじゃない。イライラするし、其れしかやれなくなって・・・・・・!』

 

鬱病の症状が影響していた、と松丸さんはこう話しています。

 

 

心の声を 

 

 

『「ゲムばかりやって」と叱る前に、どういう理由があって其のゲームばかりしているのか、まずは子供の話をじじっくり聞いてみてください』

 

子供は、『本当はこんなことはしたくない、でも出来ない。ほかに何をしたら良いのかわからない、自分の思いに体が付いて来てくれない、誰も自分のことを気に掛けてくれない』など、誰にも言えず一人で悩み続けているのです。

 

 

 

 

AERA”15年7月6日号より一部抜粋

スポンサーリンク

 

 

 

簡単1分間体操『ニークロス』で変形性膝関節症・老人性膝関節症の痛みから開放!


このソフトは、プロの馬券師のオッズ理論を取り込み、IPATと連動し、完全自動で利益を生み出していきます!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください