スポンサーリンク
クローン病や潰瘍性大腸炎の発症を防ぐ腸内物質を神戸大が確認! | Network 健康

Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

大人の病気, 生活習慣病

クローン病や潰瘍性大腸炎の発症を防ぐ腸内物質を神戸大が確認!

スポンサーリンク

安部首相も苦しんだ潰瘍性大腸炎・クローン病

 

激しい腹痛や下痢などを伴う難病のクローン病や潰瘍性大腸炎の発症を防ぐ鍵となるタンパク質を神戸大の研究グループが、世界ではじめて確認したというのです。

 

このタンパク質が、発症を抑止する仕組みの一端も解明したことで、予防薬や治療薬開発への貢献が期待できると云うことです。

 

この研究成果はアメリカ科学アカデミー紀要電子版に掲載されるそうです。

 

同大大学院医学研究科の的崎尚教授と、村田准教授らの研究グループの成果だということです

 

 

多くの著名人やタレントも

 

安部首相も第一次内閣時代に、潰瘍性大腸炎で苦しみ、政界運営ができなくリ首相を辞退する事になってしまったのです。

 

また、タレントで女優でも有る山田まりやさんは、クローン病で苦しみ一時引退まで考えたということですが、今では病気と向き合い仕事を調整し、芸能界とママとして両立して頑張っています。

 

 

指定難病

 

クローン病や潰瘍性大腸炎は、腸の粘膜に慢性的な炎症や潰瘍が生じる原因不明な病気で、共に医療費助成対象の『指定難病』なのです。

 

国内では、20~30代を中心に発症し、患者数は合わせて20万人に上るとされるとのことで、炎症を抑える薬は有るということですが、根本的な治療薬はまだ開発されてはいないということです。

 

 

的崎教授らの発見とは、

 

的崎らは以前に、腸の内側を覆う腸内上皮細胞の表面に有る『微絨毛』と云う細かな突起から、『SAP-1』と云うタンパク質を発見していたということです

 

今回、その機能を調べるためにマウスの腸上皮細胞からSAP-1を除去した所、腸炎の発症率と重症度が著しく高まることを確認したというのです。

 

更にSPA-1が同じく微絨毛に有る『CEACAM20』と云うタンパク質の機能抑えることで、腸炎の発症を防いでいる可能性が高いことも判明したということです。

 

研究を主に進めた村田准教授は『SAP-1やCEACAM20の機能を抑制する化合物の考案が、新規の薬の開発につながると期待している。創薬に向けた研究を進めたい』と話しているということです。

 

 

ストレス社会の現代病であると云われているクローン病や潰瘍性大腸炎発症のメカニズムが解明され、新薬への期待が高まっています。

 

 

神戸新聞NEXTより一部抜粋

 

 

 

簡単体操・整体で、スマホ首痛や肩こりを『20秒』で改善する!

 

 

簡単1分間体操『ニークロス』で変形性膝関節症・老人性膝関節症の痛みから開放!

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Theme by Anders Norén