スポンサーリンク VirtueForex口座開設はこちら 睡眠時間5時間未満は、メタボに成るかも知れない? | Network 健康

新しい治療法や、日々の健康法を紹介しています

生活習慣病

睡眠時間5時間未満は、メタボに成るかも知れない?

スポンサーリンク

食事や運動不足だけだはない

 

 

食事や運動だけではなく、睡眠や休養の悪い生活習慣が重なるほど、メタボリックシンドロームなどの発症リスクが高くあなることが大分大の井谷修准教授らの研究で分かったというのです。

 

宇都宮市で開かれた日本睡眠学会で、7月3日に発表されました。

 

井谷准教授らは、地方公共団体に務める男性(18~65歳、約3万9000人)の1999年から2006年の健康診断と問診のデーターを解析し生活習慣と病気等との関連を調べたということです。

 

其の結果、(1)睡眠時間が5時間未満、(2)交代勤務をしている、(3)休日が取れない、(4)いつもお腹いっぱい食べる、(5)あまり歩かない、(6)アルコールを1日日本酒で3合以上飲む、(7)タバコを吸う、等の7つの危険な生活習慣があると、肥満や高血圧症、メタボを発症しやすく成ることが分かった、というのです。

 

メタボでなかった人が7年間でメタボを発症するリスクは、危険な生活習慣が重なるほど高くなり、0~1個の人に比べ、2~3個は1・22倍となり、4~5個は1.42倍、6個以上は2.04倍にも成ったということです。

 

井谷准教授は『運動だけはなく、きちんとした睡眠や休養を取ることが、生活習慣病の予防に成る。交代勤務の人は特に気をつけてほしい』と話しています。

 

 

俳優・渡辺徹さんの場合

 

 

平成24年に倒れた時のことを次のように述べています。

1981年に刑事ドラマ『太陽にほえろ!』のラガー刑事役でデビューした、渡辺徹さんはテレビ番組のロケ中に、階段を登る時に息切れを感じて思わず膝に手を載せたということです。

 

当時は体力に自信あったのに灯ったそうですが、体重は一時130キロを超えた時もあるという既に肥満体に、糖尿病の持病もあったということですが、血糖値は改善していたのにと、不安がよぎったそうです。

 

次第に寝ても疲れがとれなくなり、『顔色が悪いですよ』と、舞台のスタッフや仲間から声を掛けられたことも有ったということですが、元気や優しさを与えることが自分の仕事だと信じてやって来た、けれども自分が周囲に気を遣われるように成ってしまった、

 

断腸の思いで舞台の降板を決め自宅で静養すれば治ると思っていたそうですが、体調は以降によく何ら勝ったということで、入院加療、病名は虚血性疾患だったのです。

 

 

 

生活習慣病の怖さ

 

 

 

生活習慣病は、様々な病気を引き起こす原因の一つと言われており、多くの方が高血圧症や糖尿病、心臓疾患などで苦しんでいるのです。

 

仕事との兼ね合い、7つの危険な生活習慣を一つでも多く改善し、メタボと言われ内容努力してみてはいかがでしょう。

 

 

簡単1分間体操『エルボークロス』で四十肩・五十肩の痛みから開放!

簡単体操・整体で、スマホ首痛や肩こりを『20秒』で改善する!

 

ある場所に1度メールするだけで実践者皆平等に毎日3万円以上の不労収入を永久に維持出来る画期的な方法

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください